読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいちゃんの森。

おいちゃんの頭の中。

在日外国人の虐殺があったことについて思うこと

考えたこと

IMG_1965 おいちゃんの森は

原村での活動等発信するために立ち上げたブログなのですが

好きなことを好きなように書くことにしました、だいぶ前から。

というわけで今回は重いdesu!

 

大学4年間、がっつり関わっていたSCFという団体が9月末、

関東大震災時に起きた在日外国人虐殺についてのフィールドワークを行うそうです。

 

わたしは前から殺人という事象に興味があります。

いきなり重いですね。

 

というのも、

わたしは誰かを本気で殺したいと思ったことがなく

でも自分も人間として、そういった衝動を抱く性質があるのだろうなとは思っていて

だとしたらどういう誘因があれば殺そうと思ってしまうのか

とても気になる。

 

とくに

個人に対する殺意ではない、民族とか、宗教とか、大きなカテゴリーに対する殺意というものに興味がある。

それは個人に対する殺意よりも身近なところにある気がする。

 

91年前、関東大震災が起きて、

この混乱に乗じて朝鮮人が暴動を起こしている!ってことで

民間の日本人が民間の在日朝鮮人をどんどん殺すということがあったらしい。

わたしは日本史でそう習ったし、本当にあったことなんだろうと思っているけれど、

今は教えられないこともあるそうです。

 

でも、

この事件が事実かどうかは、本当のところの関心事ではありません。

 

わたしにとっての問題は、民間人による民間人の虐殺が起こりうるということ。

 

ルワンダだってボスニアだって、

今まで一緒に暮らしてきた人たちを

民族が違うという理由で

民間人が虐殺したという歴史があるわけで

 

それが既に日本でも起きたのかということは置いておいても

これからそういうことが起こりうるということは

覚えていた方がいいんじゃないかと思うし、

そういうことが起こらないように切に願っている。

 

というわけで、

このイベント行く人いたら感想教えてください。

第45回:インソサ!-在日外国人虐殺その心理と真実- ・日時:9月27日(土)12:50~18:00(予定) ・内容:虐殺の会った現場と慰霊碑などをフィールドワーク→話しを聞き質問など→仲間たちとのシェアリング ・講師:西崎雅夫(財団法人 ほうせんか) ・費用:無料 ・集合:12:50、八広駅(都営浅草線・京成押上線)改札外 ・初めての人、お友だちなど誘ってください!まずは何でもおたずねください!問合せ・参加希望は、i@scf.meまで。お待ちしています!

わたしも行けたら行きたいなー

広告を非表示にする