読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいちゃんの森。

おいちゃんの頭の中。

生きてることは楽しいこと。

私には91歳の祖母がいて、名をミホコという。

東京で一人暮らしをしていたが、数年前に認知症との診断を受け、

本人の「山を見て過ごしたい」との希望もあり

八ヶ岳山麓にある小さな老人ホームで暮している。

私が東京から八ヶ岳に引っ越した要因の一つであり、

私と夫を出会わせてくれたキューピッドでもあるおばあちゃん。

 

認知症の症状は年々進んでいて、今は多分1分前のことも覚えていない。

この半年くらいで私が孫であることも忘れてしまったし、

二人の息子のこともたまに忘れているし、亡き夫に至っては全く覚えていない。

 

ミホコはそのこと(過去現在のいろいろなことを忘れてしまうこと)を

自覚しているが、あまり気にしていないようである。

「すっかり忘れちゃうんだわ。面白いわねえ。」と他人事のように不思議がっている。

誰かよく分からない私を部屋に受け入れ、楽しそうにおしゃべりしてくれる。

 

一緒に外出すると、空が綺麗だとか、車がピカピカだとか、

一度雲の上を歩いてみたいんだとか、花が可愛いとか、

毎回同じものに感動して楽しんでいる。すごい素敵さだと思う。

あとゴミが落ちていると必ず拾う。タバコの吸殻でもガムがくっついたのも。

汚いからやめてほしい気持ちもあるけど、そんなところもすごいと思ってる。

 

「私は今、生きてるのが楽しいのよ。だって今それしかやることがないんだもの。」

 

生きてることは楽しいこと。

仕事もなく、趣味もなく、家族も友達もなく(忘れてしまい)、

老人ホームで淡々とした日々を送るミホコの言葉に、感動しつつも嫉妬してしまう。

何をするとか、誰と過ごすとか、どこに行くとか、

そんなことにばかり心を割いてしまうけれど、

「生きてる」それ自体の楽しみを見出せる人は本当に幸せだ。

 

生きてるのが辛い人に、ミホコの生き様を届けたいのだけど

文章力が足りなくて悔しい。

 

書きながら思い出した、TEDのプレゼン。(おいちゃんはTEDが好き)

全ての瞬間はギフトである。

ミホコは感謝しているから幸せなんだ。

logmi.jp

 

www.ted.com

 

 

広告を非表示にする